A

いいえ。特別な準備は必要ありません。いつものようにお客様をお迎えできる準備をしていただければ大丈夫です。

A

はい。お客様の店舗の営業時間が主に夜間ならば、やはり夜のムードをお伝えできる時間帯に撮影するのがよろしいかと思います。お客様のご希望に添えるようできる限り努力いたしますので、ご相談ください。

A

いいえ。お客様が店舗へ入ることをイメージできるような仕上がりに撮影しますので、入口の外観の見える位置から撮影いたします。

また、敷地内にテラスやガーデンがあれば屋外も撮影可能です。

A

はい。雨や濃霧など撮影機材のレンズに水滴が付く恐れがある場合は撮影できませんが、条件が良ければ屋外も撮影できます。

A

いいえ。公開前にその部分にぼかし処理を施すことができます。ご相談ください。

A

はい。原則、お客様が立入れる場所を撮影いたします。逆にバックヤードやスタップのみに制限された場所は撮影する必要はありません。

A

はい。条件によっては撮影は可能な場合があります。しかし、撮影方法の関係上、動きのあるものはゴーストのような画像になってしまう可能性がありますのでおすすめはできません。また、人物に配慮しながらの撮影となりますので、予定時間内に撮影できるポイント数が減る可能性があります。

ただし、以下のような施設では敷地に人がいる状態での撮影は行いません。

  • 幼児、児童など未成年者が通学する施設(保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、学習塾 など)
  • 入院施設の無いクリニック、診療所、医院(歯科、美容外科、レーザークリニック、 理学療法センター、超音波センターなど)
  • 介護施設、老人ホーム
  • 成人向けクラブ、パーラー、成人専用として法的に制限されているお店やサービス